乾燥肌に最適な化粧品~美しいスッピンガール~

女性

化粧品の質の高さ

女性

乾燥肌美容液の中には化粧品会社独自の成分を含有し、保水力を高められるように努力している企業も少なくありません。また、保水力を高めて刺激対策につながるように配慮することこそ、使うためのものを作る企業ならではの発送と言われています。

詳しくはこちら

潤いキープの秘訣

製品の選び方

女性

肌が乾燥しがちで、すぐガサガサとしてしまう悩みがあるという乾燥肌の人がいると思います。そこで化粧品を選ぶ際にどのようなものが本当に乾燥肌対策に良いものであるか、説明していきます。着目したいのはその成分表です。選ぶときに注意したいのは水溶性の保湿成分が多いことと、刺激分の比較的少ないものをチョイスしなくてはなりません。おススメなのは、ヒアルロン酸が多く含まれている化粧品です。ヒアルロン酸は高い保湿成分がある上、刺激の少ない成分です。特に「アセチルヒアルロン酸ナトリウム」と呼ばれるものは、通常のものよりも約二倍もの高い保水力を期待できます。逆に控えたいのはアルコール類の多い化粧品です。表記に「アルコール」や「エタノール」といったものがあるものは、使用した時は清涼感があるもの、刺激の感じやすい防腐剤が入っている場合が多いので、乾燥肌の人は乾燥や痛みが悪化する危険があります。

保湿方法

化粧品選びの他にも、乾燥肌対策には正しい洗顔方法を身につける必要があります。洗顔後は皮脂が落ち、乾燥しやすい状態であるので、おおよそ三分以内に化粧品による保湿を行いましょう。化粧品を顔につける際にコットンを使用される方がいると思います。しかしコットンによる摩耗で肌の刺激となり乾燥がよりひどくなる恐れがあるので、乾燥肌の人は化粧品を手のひらにつけて顔になじませることで、そういったトラブルを解消できます。次に美容液をつけていきます。美容液を使うときにはその量を惜しまずに顔全体に潤いを与えられるようにたっぷりと使いましょう。最後に乳液もしくはクリームを使用します。乳液やクリームの役割は、その油分により肌の水分の蒸発を防ぎかつ潤いをキープしてくれます。つけなければせっかくの化粧品などで得た成分が浸透せずに乾燥してしまうので必ずつけるようにします。

輝きのある美しい肌へ

女性

ある程度の年齢になってくると、肌の機能の衰えなどから、シミやくすみが起きやすくなります。しっかりとこれらの肌トラブルを治していくには、肌質や肌の悩みに合った美白化粧品を使ってお手入れしていきましょう。

詳しくはこちら

エイジングケアの化粧水

女性

イソフラボンやペプチドを配合している化粧水は、50代におすすめの化粧品である。50代になると女性ホルモンの量が減少するが、イソフラボンによって補うことができる。ペプチドは肌の再生力を高める働きがあり、コラーゲンを増やして若々しい肌に導いてくれる。

詳しくはこちら